この記事は……。

  • 性感染症を予防したい
  • HPVのワクチンを打ちたい
  • パートナーを守って幸せな時間を作りたい

こんなことを考えている人にオススメの記事です。

 

 

ヒトパピローマウイルス(HPV)って何?

HPVはHuman Papilloma Virus(ヒトパピローマウイルス)の略称です。
感染すると乳頭のように盛り上がった腫瘍(いぼ)を作るのが特徴です。
HPVには100種類以上の型(タイプ)があると言われています。
良性の腫瘍にならまだマシなのですが、
悪性(がん)化するものが中にはあります。

 

HPVは男女感染します。
とくに女性はHPVによる子宮頸がんの感染がほとんどです。
男性では中咽頭がん、陰茎がん、肛門がんなどの性交に関わる部位でのがん化に関連しています。(60?90%程度の割合がHPV感染によるものとされています)
そのためHPVに感染している男性から、
性交によって女性へと感染させてしまった場合は、
これらのがんを引き起こさせてしまう可能性が非常に高まります。

 

【ぺいるーと】でHPVワクチン接種のメリット

男性がHPVワクチンを接種するメリットは、
性交時のパートナーからのHPV感染を防ぎ、
未然に『がん』を回避することにあります。
ですが「【ぺいるーと】」でワクチン接種をするならほとんど費用はかかりません。

 

HPVワクチンは高い!?でも【ぺいるーと】なら安心

まだ日本では承認されていないので、
自費でHPVワクチンを接種すると数万円以上?の高額な費用がかかります。
ですが「【ぺいるーと】」の治験に参加すれば、
費用は交通費や初診料・再診料のみ!
また治験参加者は「負担軽減費」として支払われるお金を受け取ることができます♪
ほとんどお金を払わずにワクチンをうってもらえるんです。

 

【ぺいるーと】の信頼性

【【ぺいるーと】】は業界トップクラスのモニター数を誇っており、
東京では治験実施数は全国No.1の実績があります。

 

【ぺいるーと】の治験はどこで受けられる?

HPVワクチンのワクチン接種は
茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京都/神奈川/大阪府/京都府/兵庫/奈良
などなど全国から受けられます!
↓のリンクより公式サイトにアクセスできます。

 

【ぺいるーと】で不安や不幸を未然に防ぐ

がんは一度かかると重症化しやすい病気です。
また金銭的・精神的にも多大な負担がかかります。
ですが【ぺいるーと】の治験に参加すれば、
そんな不安を未然に防ぐことができます。
パートナーと幸せな時間を送りたいなら
何よりも優先して治験に向かうことを強くオススメします。

 

 


 

ガンになったからといって、家庭での役割や仕事をすべて放棄したり、家族に押しつけたりしていい、ということではありません。

 

 どんな状況でも、自分が家族のために役に立っている、あるいは家族に必要とされているという気持ちが大切です。

 

 家庭での自分の役割はできるだけ放棄せず、自分でできることは続けましょう。

 

ガンになっても仕事を辞めなくていい

 

 ガンになると、今までと同じように職場で働けなくなる場合があります。

 

 ガンになって仕事を辞めてしまう人がいますが、できるかぎり仕事は続けたほうがいいと思います。

 

 仕事が生きがいになることもありますし、職場の仲間とのコミュニケーションが精神的な支えになることもあります。また、ガンの治療にはお金がかかります。経済的にも収入源を持ち続けることも大切です。

 

 ガンになっても働ける社会を目指し、厚生労働省は2016年、「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」を公表しました。これからは、ガン患者さんが治療と仕事を両立できるよう、企業をはじめ社会全体で支援する時代がくると思われます。

 

 上司や人事部、あるいは産業医に相談し、仕事の時間や量を調整してもらいましょう。この場合も、できないことや手伝ってほしいことははっきりと伝え、職場のまわりの人に甘えることも大切です。もちろん、感謝の気持ちを伝えることは忘れないでください。

 


 

 また、ガンについてのさまざまな悩み、治療、生活、仕事、お金に関する質問は、「がん相談支援センター」、日本対がん協会の「がん相談ホットライン(03‐3541‐7830)」に相談してみましょう。利用できるものは何でも利用して、ガンの不安を減らしていきましょう。

 

 不安や悩みを抱えたままではガン治療に専念できませんし、治療もうまくいかない可能性があります。とにかく、心配なことはなんでも相談することです。

 

 ガンを克服するためには、だれかに助けを求めることも大切なことです。

 

 自分1人で抱え込まないで、「みんなに協力してもらって一緒にガンを治す」と考えましょう。

 

ガンが治る人

 

 ガンになって「得たもの」に気づく

 

ガンが治らない人

 

 ガンになって「失ったもの」にとらわれる

 

 ガンにかかった人の多くが、「ガンになって失ったもの」にばかり、とらわれてしまいます。

 

 たとえば、「時間」です。入院や外来通院には時間がかかるので、大切な時間を失うことになります。

 

 また、ガンの治療には医療費もかかるので、「お金」を失うことになります。なかには、会社での「地位」や「仕事」そのものを失う人もいるかもしれません。

 

 ガンになったことで、「親友や仲間」、「信頼していたパートナー」との関係がぎくしゃくしてしまい、疎遠になってしまうかもしれません。

 

 手術で摘出した「臓器の機能」を失うことがあるでしょうし、後遺症が残るかもしれません。今までどおりの食事ができなくなる人もいるでしょう。

 

 ほとんどの人が、「ガンになって、今までの幸せで平穏な暮らしを失った……」と考えるのではないでしょうか?

 

 しかし、喪失感や絶望感は、やはり精神的なストレスになり、生活の質の低下を招き、うつ状態となったり、ガンの治療が続けられずに生存率の低下につながったりするのは、先ほど述べたとおりです。

 

ガンになって気づく幸せ≠ェある

 

 みなさんは、「キャンサーギフト(cancer gift)」という言葉をご存じですか?

 

 文字どおり、「ガンからの贈り物」です。つまり、ガンになったことで、はじめて気づく大切なことです。「ガンになってよかった」とさえ言うガン患者さんもいるのです。

 

「ガンになってよかったことなんて、あるはずがない」、あるいは「キャンサーギフトなんて、きれいごとに過ぎない」と思う人もいるでしょう。

 

 でも、よく考えてみてください。

 

 今あなたがガンになっているとしたら、ガンになってはじめて気づいた大切なことはありませんか?

 

 たとえば、「生きていることの喜び」、「1日1日の大切さ」、「家族の愛情」、「まわりの人のやさしさ」、「健康のありがたみ」、「食べ物のおいしさ」、「何気ない風景の美しさ」など、どんな些細なことでもかまいません。

 

 たった1つでもいいので、探してみてください。そして、キャンサーギフトに気づいたら、その都度メモ帳や日記、ノートに書き込んでください。

 

 いつの間にか、キャンサーギフトのリストで、いっぱいに満たされているかもしれません。

 

 このような「ガンからの贈り物」に気づくことで、少しでも精神的な苦しみから解放され、ガン治療への前向きな気持ちが生まれるのです。

 

 ガンを克服した人は、このキャンサーギフトに気づき、いつも感謝の気持ちをもっています。いつでもだれかに「ありがとう」と言っています。自分を支えてくれる家族や友人、医師や看護師に感謝します。そして、自分が今生きていることに感謝するのです。

 

 


 

 

そもそも治験とは?

 

「治験って何ですか?」と言う話ですよね。本書では分かりにくい説明は無しにしてお伝え致します。治験をシンプルにお伝えすると、

 

新しい薬の効果や安全性を、人が使用して確かめること

 

です!こう聞くと『安全性を確かめるって・・・ちょっと怖いかも』と感じてしまったのでは?しかしその点はご安心を。治験が実施されるのは、

 

・医師

 

・看護師

 

・薬剤師

 

と、責任を持った方々が揃っていることが絶対条件なのです。つまり、治験をお願いする立場の彼らからすると、『治験者に副作用に万が一があると、その責任を問われる』ということ。

 

ですから、最大限に配慮された『お薬の候補』を試してもらいたいとうことですね。最終的な認可を得て、症状に困っている患者さんの為に。その代償(ここでは一応、リスクと表現します)として、報酬を得ることができるのです。

 

当然ですが、お薬の候補は事前に『試験管や動物で事前に実験されているもの』であり、ぶっつけ本番で人で試すわけではありません。

 

以上、治験に対する基礎知識をご紹介致しました。次の項では、気になる申し込み方法、そして報酬等について解説致します。

 

治験ってどうすればできるの?どれくらい稼げる?

 

治験に参加するためには、何かしらの方法で申し込む必要があります・・・が、その前にお伝えしなければならないことがあるのです。

 

それは、『治験に参加する為には、条件を満たしておく必要がある』ということ。言われてみれば当然ですが、念の為にこれを理解しておいてください。

 

例えばですが、腰痛の改善が期待できるお薬の候補を『腰痛の無い人』が使用しても・・・効果は分かりませんよね?シンプルにお伝えするとそういうことです。

 

治験に参加する条件は事前に確認するようにしてください。

 

・性別

 

・病気や持病の有無

 

・入院、若しくは通院は可能なのか

 

等など、治験によって定められています。意気揚々と治験に申し込んだのに断られた・・・そんな残念な結果にならないためにも、この点はご注意願います。

 

さて、続いては治験に参加する方法をご紹介致します。ネット検索すれば色々と候補は出てはきますが、どれを選べば良いのか分かりづらいですよね。そこで、二つに絞ってご紹介致します。

 

【病院の掲示板】

 

こればもっともシンプルだと思います。意識していないと見落としてしまいがちですが、病院の掲示板などに『治験』に関する情報が掲示されていることがあるのです。

 

『治験を募集しています、詳しくは医師にお尋ねください』といった旨の告知を、貼り紙等でしている場合があります。その情報を見て治験に参加したいと思ったら、医師に相談してみましょう。

 

・・・と、この方法が最もシンプルなのですが、効率がよくありません。参加募集の貼り紙等を発見できなければ申し込みできないからです。行った病院でタイミング良く参加募集していれば良いのですが、そうでない場合は営業マンの如く何件も病院を回る必要があります。

 

『いや、そこまでやりたくないよ』と感じる方が大半でしょう。しかしご安心を、効率良く治験を探す方法もあります。

 

【JCVN医学ボランティア会の治験情報から申し込む】

 

やはりネットから情報を収集するのが最も効率が良いです。その中で私がお奨めするのが『JCVN医学ボランティア会のサイトから探すこと』です。このサイトにボランティア登録するだけで、治験に関する情報を検索することが可能になります。

 

ご自身の求める条件について検索し、興味があるものに絞って調べ、申し込みする。イチイチ病院に足を運ばなくとも、一瞬で情報をキャッチできるのです。

 

「とりあえず興味本意で探してみて、合うのがあったら申し込もうかな?」という気軽な気持ちで開始できるのでオススメですね。

 

【どれくらい稼げる?】

 

さて、いよいよ本題と言える内容に話を進めていきましょう。治験に参加する理由は人それぞれだとは思いますが、大抵の場合は『報酬』を目的としていると思います。

 

そこで、ほんの一例ではありますがご紹介しておきますね。大体の相場と捉えていただければと思います。

 

・日帰り→1万円程度

 

・泊まり(一泊二日等の短期)→2万円程度

 

・泊まり(一週間以上の長期)→10万円程度

 

これらはあくまで一例であり、保証されるものではありませんのでご了承ください。私個人の意見ですが、決して悪くはない報酬額だと思います。前述した通りリスクもありますので、ご自身の判断で参加するかしないかを決めてください。

 

治験のメリット・デメリット

 

この項の最後に、治験におけるメリットとデメリットについてまとめてみました。改めて確認していただき、判断材料の参考としていただければ幸いです。

 

【メリット】

 

・頭と体を動かさずに(言ってしまえば楽して)お金を稼げる

 

・社会貢献できる

 

まずはメリットから。治験に興味を持たれた方の中には「楽して稼げそう」という考えの方もいらっしゃるでしょう。ぶっちゃけ言いますが、そこが治験の大きなメリットだと言えます。

 


更新履歴